06-6372-3373

10:00~18:00 (定休日:土日祝)

月刊 エムダブ

バックナンバー

月刊エムダブ 第20号 2010.6.10発行

お知らせ 毎月の時事ネタをお知らせします!

先日不覚にも風邪を引いてしまい、エムダブ事務所でも蔓延してしまい反省ばかりの毎日です。
そんな話をあっちこっちで言っていると、「ヨガ的に言うと風邪は引かなければならない。そうやって身体を緩めているから」というアドバイスをもらいました。確かに考えてみると20年間風邪を引いていない人とかって、なんかいきなりぽっくり逝きそうな感じがしないでもないですよね。
体調が悪い時は、思考もマイナス寄りになったりするので、平日1日休みを頂き、ゆっくり休養させて頂きました。
社員やお客様に感謝感謝です。

WEB業界ステーション きっと役立つ情報源

ワイマックス WiMAX

「WiMAX(ワイマックス)」とは、高速ワイヤレスインターネットの愛称です。
カフェなどスポットで利用される無線LANとは異なり、広いエリアで利用可能となるので、外出先や移動中もLANケーブルなしで、高速インターネットを楽しむことができます。
複雑な手続きが不要で、データ通信カードをノートパソコンに差し込み、簡単な設定をするだけで、インターネット通信が利用できます。
最近は「WiMAX搭載パソコン」も続々発売中。これなら既に通信機能が搭載されているためデータ通信カードも不要です。
しかしながら、サービスエリアは現在開発途上にあります。
住んでいる地域で問題なく使えるのか?インターネットの速度は?等々、気になる方の為に15日お試しで無料貸し出ししてくれる『Try WiMAX』と言うサービスもあります。

WiMAX→http://www.uqwimax.jp/
Try WiMAX→http://www.uqwimax.jp/service/trywimax/

ウェブ心理学○○効果

希少性の原理効果

お土産の定番に地域限定のお菓子があります。夕張メロン味や辛子明太子味などその地域でしか買えない限定品に心が惹かれる心理を希少性の原理と呼びます。楽天内でもよく使われている手法ですが、スイーツ関連は「ネット限定商品」「1日30個限定」「今なら送料無料」などダブル限定、トリプル限定の戦術で希少性の原理を最大限に利用しています。
一般の業種でも、申込み後に表示されるページに24時間以内の限定10%OFFで、関連商品をついで買いしてもらうという仕掛けを用意できるかと思います。「●●限定」はついつい手が出てしまうという方多いと思います。工夫次第で、様々な限定を作ってみましょう!

参照書籍「お客をつかむ ウェブ心理学

今月の一押し

今月のイチオシはPRリンク社です。
会社の広報活動を手伝ってくれる会社で、新聞や雑誌等のメディアに自社を取り上げもらえるように、プレスリリースの原稿作成を始め、様々な支援をしてくれます。
私たちも制作に携わったキャンペーンの広報をやって頂いたり、パートナーシップを組ませて頂いている心強い会社です。

■PRリンク 
★6/17(木)セミナー開催
http://www.prlink.co.jp

20131122-201006_ichioshi.png

森岡の一本釣り

「モノ」を売るな!「体験」を売れ!

エクスペリエンス・マーケティングの藤村先生のセミナーに参加してきました。

レストランは何を提供しているのか?
料理?景色?空間?藤村流で言うと「そのレストランで過ごす素敵な時間」を提供している事になるのだそうです。
では、フォトスタジオは?写真?撮影技術?いえいえ。「素晴らしい記念を提供している」という事になります。このように考えていくと値段や性能だけで差を付け商売をしていくのではなく、【独自の価値】をもっと考えられるようになりますよね。
他にもいろんなマーケティングの事を勉強させて頂きました。森岡WEB企画が制作させて頂いているホームページも、こういう視点をもっと取り入れて提案していこうと思います!

伊藤屋敷

お人形さんの怪…(後編)

こんにちは!伊藤屋敷は20回目の今回をもちまして、最終回となります。今までお付き合い下さった皆様、本当に有難うございました!
またどこかでお会いしましょう!

「ことり」は人形と言うよりもぬいぐるみに近い、とても可愛らしい男の子の人形です。私は、何故かそのかわいい男の子の人形に違和感があり、怖いと言う気持ちさえ持っていました。
そしてある時、母と妹に言いました。「私はことりの方が怖い」と。
母と妹は、「えぇー!?全然怖くない!かわいいよ!」と口を揃えて言いました。
そして妹は遂に「市松人形の髪の毛が伸びている!」とまで言い出した為(笑)、いわゆる「視える人」のところに持って行くことになりました。何かあるなら供養してもらうと。
そして、母が写真を持って行ったのですが、私は「ことり」の写真も持って行ってほしいと頼んで、2枚の写真を視てもらうことになりました。
結果、市松人形の方は何もないとの事。ただの市松人形、と言うことでした。
そして、ことりの方は・・・「あまり良くないお人形さん」との事。視える人曰く、「このお人形さんは、元々別の家にあったもので、何かの理由であなたのおウチに来ることになったのでは?でも、元々いたお家があまりいい状態になかったね。」と。「貰われてからずっと羨ましそうにおうちの中をじっと見ているようです。もしかしたら過去に何か…子供さん(私と妹)の邪魔をした事があるかも知れないね。」と言われました。
顔面蒼白で帰宅した母が教えてくれた話は、この「ことり」はウチが商売をしていた頃、ひとりの従業員の方が、母の結婚祝いにくれたものだったと言うこと。従業員の一家は借金だらけで、お金がなく苦しい生活を送っていた様ですが、「せめても」と家で可愛がっていたお人形をお祝いとしてくれたのだそうです。結局、従業員の方は夜逃げ同然で店を離れてしまった為、その後の消息は全く分からないと言う事ですが…。
何故、私が由来を全く知らないただの人形を、怖いと感じたのかは今もわからないままです。母と私は、勧められた加太の淡嶋神社に「ことり」を持っていくことにしました。
今は供養されてもうこの世にいないであろう「ことり」。
せめてもとプレゼントしてくれた従業員の方の幸せを願わずにはいられませんでした。終

4コマ劇場 スタッフが交代で手書きしています!

20131122-4koma201006.gif

作:伊藤

今月の一枚

20131122-monthly_photo201006.jpg

皆さんも風邪には注意しましょうね!