月刊 エムダブ

バックナンバー

お知らせ 毎月の時事ネタをお知らせします!

やっと引越しましたぁ。
今回のエムダブでは、引っ越し案内に隠れて私のあいさつコーナーは見えないので、一休みです♪♪♪

(前)大阪市北区芝田2-3-19東洋ビル本館321号室
      ↓
(新)大阪市北区芝田2-3-19東洋ビル本館207号室

WEB業界ステーション きっと役立つ情報源

フェイスブック facebook

facebookとはmixiやtwitterのようなインターネット上で人と人がつながる場所を提供するSNSです。
2011年現在、世界中に5億人を超えるユーザーを持つ世界最大のSNSであり、内日本国内ユーザーは約180万人である。映画の影響もあり、今年に入り日本でもユーザー数が急上昇しています。mixi、twitterでは多くのユーザーが匿名を使っているのに対し、このfacebookは実名で登録するのが原則です。
匿名性が高いネットサービスには、性別を偽って異性に近づいたりなどのさまざまなトラブルがつきものですがその点facebookは、参加メンバーの顔と名前が見えるため、そういったリスクが少ないと言われています。 ちなみにfacebookが日本でmixiやグリーを抜くのは2014年頃とも言われています。
WEBへの入り口が検索からfacebookをはじめとするソーシャルメディアに変わる大きな変革の時代となりそうです。

ウェブ心理学○○効果

アフォーダンス理論

アフォーダンスとは、価値付けられた情報を指し、その情報によって人間の行動が結び付けられる現象のことです。
例えば、駐車場に車庫入れする時、そこに2本の白線があれば、普通はその間に車を止めようとします。
しかし、車を見たことがない国の人は、白線は車の中央にくるものだと思うかも知れません。
「白線の間に止めてください」という注意書きがないのは、アフォーダンスとして私たちの意識に価値づけられているからです。
WEBでは、青色でアンダーラインがあればテキストリンクとしてすぐに認識ができます。このように視覚的にこったデザインを考える前にまず訪問者の目線で制作していく事が第一なのです。

参照書籍「お客をつかむ ウェブ心理学

今月の一押し

私たちのパートナー企業が行っているツムテンカクというイベント案内です。
2月5日から2月13日までの期間、通天閣で行われるデザイン&アートイベントで新世界で様々なワークショップが開かれます。店も盛り上がっていますので、デートでも子連れでも楽しめます。

■ツムテンカク
http://www.tsumutenkaku.com

20140305-201102_ichioshi_2.png

森岡の一本釣り

次世代育成への取り組み

先日、「社会貢献活動のこれまでとこれから」というフォーラムに参加してきました。

兵庫県で行われているトライやるウィークという中学二年生を対象にした社会体験学習(1週間)制度を利用して、企業+NPO+学校が三者連携して、次世代育成にどのように取り組んでいるのか?について話を伺いました。
その後テーブルディスカッションの時間もあり、「自社がどのように地域社会との接点を作れば良いのか」?思春期の学生の難しさ、「大人扱いして接するべきである」、「どうやって本気になってもらうか」等、様々な話を伺いました。顧客のため、社員のため、という視点は大事ですが、私たちも次世代との接点を作って、日本の将来を作っていける活動を何かやっていきたい!そう思わせてくれた大変良い機会でした。

新婚駒井の「結婚っていいなぁ♪」

第6回「忘れてたぁぁぁ!!」

皆さん!明けましておめでとうございます!・・・って遅っ!って感じですよね(笑)なかなか表立って言う機会がなかったもので(汗)今回は、2010年の振り返りと2011年の目標をお話させてもらいますね!

2010年は、なんたって「就職」「結婚」と、まさに人生の転機となった年でした。一般的に、就職と結婚を同じ年に経験することって稀だと思うので、非常に貴重な経験ができたなぁと思います。
まず、2月に採用、3月に両家に結婚報告、4月に白紙寸前の喧嘩、6月に実家で同居、7月に入籍(21号参照)、11月に結婚式(26号参照)…んー、思い返すと事件?の連続ですね。
でも!とても充実した2010年でした!2011年はどんな年になるんだろう?何もかもが初めてだった2010年とは違って、色んな事がスムーズにいけばいいなぁ♪
…あ!2010年にやり残したことがありました!新婚旅行!!本当は2010年にしておきたかったけど、色々なタイミングがあって、行くことができませんでした…というのは言い訳(笑)本当は旅行自体、あまり好きではないんです。どのくらい好きではないかというと、高校の修学旅行を欠席したくらい(しかも場所はオーストラリア)。欠席すれば、積立金が戻ってくると知ったのも大きいですが(笑)だけど、新婚時代にしかできないイベントの代表でもある『新婚旅行』は必ず行こうと思います♪どうせ行くなら、2泊3日とじゃなく、思い切って1週間くらい行きたいですね~!え?そんなに休みもらえるのかって?あーーー聞こえない聞こえない(ぉぃぉぃ笑)

広報教室

マスメディアを通じて会社をPR。広報活動のコンサルティング会社が教える、メディア掲載へのコツ。

“物より思い出” カード会社のCMではありませんが、最近「モノ」そのものよりも「思い出」や「気持ち」に訴えかけることが購買に結びつくケースが増えてきています。それはもはや高品質が当たり前の時代になり、商品性の違いだけでは差別化が難しくなったことが背景にあります。
ネットショップでも、例えば綺麗な指輪の写真を載せるのではなく、指輪をもらった女性の表情にスポットを当てることで、男性の購買意欲を高めるというやり方が増え、実際に購買にもつながってきています。プレスリリースも同様に、以前と比べて良くなったスペックを発信するだけのプレスリリースではなかなか記事にはならなくなりました。

■事例
大阪市で筆文字のギフトを扱うショップ「いろは屋」では、生まれた子どもの名前と、その名前に込めた思いを書家に書いてもらい、それを額に入れて家に飾る「命名書」を販売しています。
命名書を飾っておくことで、子どもは両親が自分を産んでくれた時の気持ちを常に感じ、両親は子どもが無事生まれた時の気持ちを思い出します。育児雑誌関係者からも評価が高く、今の時代だからこそ、このような商品が求められていると、今後メディアの露出が増えてくることが予想されます。

このように自社の商品・サービスが、どんな気持ちを伝えるのに最適な商品で、今の時代にどういう意味があるか。リリースを書く前に、まず考える必要があります。

4コマ劇場 スタッフが交代で手書きしています!

20131123-4koma201102.png

作:但村

今月の一枚

20131123-monthly_photo201102.png

1.5倍広くなった新事務所にて☆