06-6372-3373

10:00~18:00 (定休日:土日祝)

月刊 エムダブ

バックナンバー

お知らせ 毎月の時事ネタをお知らせします!

この度の未曾有の大震災で被災を受けた方々のご冥福をお祈り致します。
あっちこっちで、イベントの中止や自粛が行われていますが、ほんとうに悲しいです。
「自粛」ではなく「粛々」と行うべきである。とおっしゃられたのですが、本当にそうだと思います。
今、私たちにできる事は関西から日本を盛り上げる事だと思っています。
さぁお客様の魅力をWEBで発信するぞ!

WEB業界ステーション きっと役立つ情報源

スケジュール調整Webサービス

社内、社外問わず結構面倒くさいのが、打ち合わせ・イベント・飲み会などの日程調整。
参加者が多ければ多いほど、それぞれの都合を合わせるのになかなか大変ですよね。

そこで便利なスケジュール調整サービスを3つまとめました。

まず一つ目にご紹介するのが「ちょー助」v 各候補日に○△×で出欠を登録します。
すると○△×のそれぞれの数を勝手に集計して表示してくれるサービスです。

次に紹介するのが「伝助」
「ちょー助」が候補日の入力が選択形式だったのに対して「伝助」は自由に入力が出来ます。
最終的に参加者が最多の候補日を分かりやすく表示してくれるのでおすすめです。

最後に日時調整も可能な「トントン」をご紹介します。
日付のほか時間帯の調整もでき、さらに携帯電話からの入力、閲覧が可能であるなど、「あったらいいな」の機能が備わっています。

どのサービスもユーザー登録やメールアドレスの登録は不要。 幹事を任されている方は是非参考にしてみてください。

ウェブ心理学○○効果

フォールスコンセンサス効果

日本テレビ系列の「秘密のケンミンSHOW」は毎週各地の変わった習慣を紹介していて面白い番組ですが「青森県民はせんべえを天ぷらにする」など、にわかに信じがたい習慣もあります。ですがその地方の方々にとっては、ごく自然な習慣なのです。
人間は、自分の考えや意見行動は普通で、みんなが自分と同じ考えや意見を持ち、同じ行動をとると思いがちです。これを心理学では「フォールス・コンセンサス」といいます。よく広告などでこの効果を生かして「この商品を選んだ理由」などのアンケート結果を掲載していますが、アンケート結果よりもウェブの特性を考えると有効なのが「お客様の声」です。

参照書籍「お客をつかむ ウェブ心理学

今月の一押し

foursquare(フォースクエア)とは、色々なお店などを訪れて「check-in (チェックイン)」することで、その回数などに応じてバッジがもらえるという、ゲーム性を取り入れた面白いSNSサービスの一つで、すでにアメリカではお店と提携してクーポン発行したり、かなり盛り上がっています。

■foursquare
https://ja.foursquare.com/

20131123-201104_ichioshi.png

森岡の一本釣り

フィッシャーマン

ちょうど半年前より始めているコミュニケーションマジック。ビジネススキル向上のため参加させてもらっているのですが、先日大変良い経験ができました。

中級マジシャン認定試験というのがありまして、15分の舞台を20~30名の方々の前で披露するという場。ネタを考え、披露するマジックの順番を考え、練習し、盛り上げ方や笑いの取り方をずいぶん師匠に指導してもらいました。
甲斐あって当日は大盛り上がりで試験も無事合格でした。この試験を通じてシナリオの大切さを再認識し、プレゼンやお客様への説明の仕方がずいぶん向上したように思います。ちなみに「フィッシャーマン マジック」で検索すると当日の動画をご覧頂けます♪

新婚駒井の「結婚っていいなぁ♪」

第8回「和民」

皆さん、こんにちは☆春ですね~~過ごしやすい季節になってきました♪花粉症の方は辛い時期ですが…(うちの嫁も花粉症で辛そうです汗)
さて、今回は前回1周年記念で頂いた社長賞のお話をしたいと思います。

前回の記事(第28号)で、入社1周年記念の話をしましたが、その時に金一封もいただいたのです。3つの約束があって、1つ目が「家族のために使うこと」、2つ目が「3月中に使うこと」、最後の3つ目が「皆に報告すること」なんです。嫁にこの話をして「何に使う?」って会議をしたところ、僕が最近ビールを飲むようになったので「いつも飲んでるエビスビールを大人買いしたら?」と嫁が提案。おぉ~~いいねぇ~~…ってそんなこと報告したら、さすがに怒られる!しかも家族のためじゃないし(汗)元々が貧乏性な僕ら…何に使うか決められずに、3月も下旬を迎えようとしていました。ある日、スタッフ同士で他愛もない話をしていたら、居酒屋「和民」が美味しいとの情報をゲッツ(古い?笑)結婚してから二人で居酒屋に行ったことがないのもあって、和民に行くことに決定!
3月某日、仕事を早めに切り上げて嫁と居酒屋へ。お店の雰囲気も落ち着いてていい感じ♪お料理もとても美味しくて、ついつい頼みすぎちゃいました(笑)普段はビール1杯でグデングデンに酔ってしまうのですが、最近ビールをよく飲むようになったせいか、ジョッキ2杯までなら耐えられるようになりました!(とってもレベルの低い話ですね・笑)
こうやって贅沢するのも悪くないですね!結婚をすると、付き合っていた時のように、あれやこれやと自由にお金を使えなくなってしまいますが、節約ばかりの毎日だと息が詰まってしまいますから…(苦笑)でも、毎日節約してくれている嫁への感謝の気持ちとして、近所で美味しいと評判のケーキを、次の記念日に買って帰ることを、ここに宣言します♪甘い物が大好きな嫁だから、きっと喜んでくれるんじゃないかな?
ではでは、皆様ごきげんよう!

広報教室

マスメディアを通じて会社をPR。広報活動のコンサルティング会社が教える、メディア掲載へのコツ。

プレスリリースのテーマとして最も一般的なものは自社オリジナルの新商品の発売ですが、ネットショップがメーカーのようにオリジナル商品を準備することは容易ではなく、定期的にリリースを出すには、別の切り口も見つけていく必要があります。
その中でネットショップが出しやすく、相性のいいリリースのテーマにランキングものがあります。一定期間の販売実績を集計し、ランキングを作り、人気アイテム情報をリリースする方法です。
メーカーは自社の商品データしか集計できませんが、ネットショップは扱う幅広いメーカーの中での人気アイテムがわかるため、顧客が求めるトレンドがより浮き彫りになります。

マスコミに興味を持ってもらい、記事になるかどうかは分析の深さがカギとなります。単なる人気投票で終わるのではなく、顧客のニーズや時代背景など、なぜその商品が人気なのかということを専門家として的確にコメントすることでトレンド感が伝わるリリースに仕上げる必要があります。

ランキングは年度の節目だけでなく、行事に合わせて集計することで季節的なリリース素材としても活用できます。クリスマスやバレンタイン、父の日、母の日などの事前注文の数字をまとめ、今年の人気のトレンドとして行事の少し前にリリースすれば、その行事の関連記事として大きく取り上げられる可能性が高いです。

☆──[ここがポイント]
1.ランキングものは、ネットショップに相性のいいリリース
2.専門家としてのコメントを加えることで、トレンド情報に
3.行事に合わせてランキングを発信すれば記事になりやすい

4コマ劇場 スタッフが交代で手書きしています!

20131123-4koma201104.png

作:乾

今月の一枚

20131123-monthly_photo201104.png

2011年4月7日にWEB企画スタッフ全員で花見♪