月刊 エムダブ

バックナンバー

お知らせ 毎月の時事ネタをお知らせします!

今年もあとわずかですね

いよいよ冬らしく寒くなってきましたね。早く雪が積もらないかな~と日々、楽しみにしております。

皆様、12月は年末に向けて忘年会や忘年会や忘年会…あと忘年会などで忙しいかと思いますが、今年もあと少し、風邪などひかないように仕事は適度に頑張りましょう。

今年1年ありがとうございました。2018年もエムダブをよろしくお願いいたします。

こんなん、どうでshow? 明日から役立つWEBサイトのエトセトラ

個人間売買の多様化

メルカリやフリルなどたくさんの取引が行われています

現在スマホを通じて個人が出品をし、物を販売していくことが当たり前となりつつあります。使わなくなったアクセサリーや服などがたくさん出品されています。サイズが合わなくなった子ども系の商品なんかもたくさん出品されています。
最近では○○系フリマアプリ という特化型が人気を博していますので、少し紹介してみたいと思います。

◆代表的なフリマアプリはこれ◆

◎総合型
メルカリ、ラクマ
とにかく何でもあり。

◎ファッション系
フリル、Shoppies
服を中心にしたファッション系の商品がたくさん出品されています。

◎雑貨系
minne、Creema
たくさんのおしゃれ雑貨が出品されており、インスタ映えします。

◎釣り系
釣り具専門のフリマ。森岡が喜 びそうな商品がたくさん並んで ます。

null

新婚駒井の結婚っていいなぁ♪

薔薇のクリスマスツリー

もうすぐクリスマスがやってくる♪

先日打ち合わせ帰りに、グランフロント大阪北館で高さ10mぐらいの巨大な薔薇のクリスマスツリーがありました!Windter Redというイベント?だそうで、作り物とは思えないぐらいメチャクチャ綺麗!クリスマスが大好きな自分はとても気持ちが高ぶりました♪
そういえば嫁と交際していた時は、京都駅名物の大階段に座りながら、巨大ツリーを一緒に見ていたなぁと思い出しました♪(かれこれ9年ぐらい前)
そうそう!ホテル阪急インターナショナルさんにも同じく高さ10mぐらいの巨大ツリー(青色)が飾ってあったので、梅田にお越しの方は是非、旦那様、奥様を連れて行ってロマンティックな気分になってみてください☆

null

渡部印「季節感じる なんちゃって保存食ライフ」

憧れの干し柿

冬が好きです。冬はおいしい食べ物がたくさんあります。お鍋、ゆず、お餅などなど。アイスクリームなんかも冬に食べる方が好きだったりします。
干し柿は冬の 必須アイテムの一つで、祖母が好きだったこともあり実家には干し柿が常備されていました。そんな身近な干し柿ですが今まで作ったことがなく、この度初の干し柿作りに挑戦いたしました。感想は「意外と簡単!そしてめっちゃおいしい!」です。買うと結構良いお値段がしますが、作るとだいぶお手頃になるのも嬉しい。
そして今回最大の発見ともいえますが、民芸調のお皿に似合うこと!このお皿史上ベストな 組み合わせです。

null

子育てママ國分の「今日もワイルドが止まらない」

ワイルドたちの七五三

先月は3歳と5歳になる息子たちの七五三参りに行ってきました。立派な羽織袴を着せてもらい、祖父母と神社へ行ったのですが、ワイルドたちにとっていつもと勝手の違う和装はとても不快だったようで・・・・。
お参りの前にすでに飾りの懐剣を外し、ご祈祷中にはゴソゴソゴソゴソ、ご祈祷が終わるころには、扇子や飾り紐などすべて外して私のカバンにぽいぽい。会食に向かう途中には草履と羽織を脱ぎ捨て、なんだか徐々に軽装になっているような・・・・。
会食会場に着くや否やついに着物を全部脱いでしまった息子たち。まともな状態の晴れ着姿を見られたのは、着替え直後のわずかの時間だけでした(涙)

null

元文房具メーカー勤務の前田おすすめ文房具

色鉛筆に萌え

幼少のころから、絵はあんまり得意ではないのに画材を集めるのが好きだったりします。中でも色鉛筆はメーカーによって硬さや色味などが異なるため集めると楽しいです。
私が特にお気に入りの色鉛筆はパントーンの色鉛筆です。パントーンってご存知でしょうか?アメリカに本社がある色見本のメーカーで印刷などでよく使われる色番号のことです。ロゴで色番号を指定される企業様も多いのではないでしょうか。ちょうど10年前くらいにパントーンの色番号を使った携帯電話もでましたよね。その色番号がふられてある色鉛筆があるのです!見たときに一目ぼれして買ってしまいました!ただ、今はもう廃盤との事で残念です。大事に使っていこうと思っています。
今、注目している色鉛筆はフェリシモの毎月違う色が届く色鉛筆で、全色で500色あるそう。

null

4コマ劇場 スタッフが交代で手書きしています!

null
作:上永