お客様の声:加藤運輸株式会社 代表取締役社長 加藤裕久様

06-6372-3373

10:00~18:00 (定休日:土日祝)

VOICE加藤運輸株式会社

加藤運輸株式会社 代表取締役社長 加藤裕久様の声

加藤運輸株式会社

代表取締役社長 加藤裕久様

昭和40年8月31日生まれ。平成元年に摂南大学を卒業。平成6年に同社に入社し、平成20年に代表取締役社長に就任した。

webサイト

物流企業としての価値を発信

加藤運輸株式会社 代表取締役社長 加藤裕久様の声

お客様の目に留まるHPへ

多くの港で取扱量が減りつつある時代の中で「お客様にとって価値ある物流企業であり続けたい」と私たちは考えています。しかし、過去にあったHPは単なる会社紹介で終わっており、お客様との接点としてあまり機能していないと感じていました。そんな中参加した企業同士での勉強会で森岡代表と知り合い、お客様に価値を感じていただけるようなHPにしたいという思いに共感してもらえたことで、5年前にリニューアルを依頼しました。

加藤運輸株式会社 代表取締役社長 加藤裕久様の声

コンテンツの提案はお任せ

年に1度くらいの頻度で、森岡代表とは直接会って相談しています。といってもこちらから何か要求するわけではなく、お客様にとっての便利さなどについて話す程度にとどめています。そこからの具体的なコンテンツの提案については、基本的に森岡代表にお任せしています。たとえば現在HP上ではアジアの物流について特集を組んでおり、ミャンマーの未開拓市場やモンゴル経済の発展などについて伝えていますが、それも私から情報を提供することで作成してもらいました。

国境と年代、時代の流れを意識

加藤運輸株式会社 代表取締役社長 加藤裕久様の声

グローバルで親しみやすい内容に

当初は「アクセスや問い合わせをしたいと思うHP」を目標に立てていました。それは既に達成されていると思っています。特に気に入っているコンテンツは、その名の通り90分以内に発送の概算見積りを提出する「90分見積もり」です。これにより大手企業や海外からの問い合わせも増えました。そして現在では「海外からも価値を感じてもらえるようなHP」をめざしています。実は私たちの業界ではグローバルな視点に立てている経営者は少なく「そつのない出来」をめざしたHPが目に付きます。掲載されている英語も、文法に全く乱れがなく生真面目な内容であることが多い。しかし、特にヨーロッパやアジアなどでは若い経営者が増えつつあるため、親しみやすさを重視したHPこそより海外から好まれるのではと考えています。実際に、ミャンマーとモンゴルの特集については進出を考える中小企業から「分かりやすく面白い」と反響があり、香港の方から「加藤さんのHPが一番アクセスしたいと思った」と言っていただいたこともあります。

当社のカラーを伝えるために

情報の主な収集源となりつつあるスマートフォンなどから閲覧しても、企業の意思がストレートに伝わるようなHPが理想です。具体的なイメージはまだ浮かんでいませんが、インパクトがあり、想像力をかき立てるような、クリアな画面を追求したい。それを実現してくれるような新しい提案を「いいHPをつくろう」という熱意を持って今後も続けてもらえればと思います。

(学生通信社 高梨秀之)

BACK NUMBER
バックナンバー

  • 代表取締役 松本春菜様

    株式会社Master’d ( Master’d Co.Ltd. )
    代表取締役松本春菜

    会社の未来とホームページをリンク

  • 代表取締役 大野将志様

    株式会社DeSIGN PLUS
    代表取締役大野将志

    エムダブを選んだ理由

  • Studio Yanagiii やなぎー様

    Studio Yanagiii
    やなぎー

    写心が伝わるもうひとつのお店